仏壇の処分やお墓じまい(改葬)でご供養を行うとき、お坊さんを手配する方法について解説します

更新日:4 日前

仏壇やお墓の管理を承継する子供がいなかったり住んでいることろが遠方だったり、或いは仏壇の場合は居住スペースの問題で物理的に処分を検討せざる負えないような状況も現在の住環境では起こりえます。そんな時にお墓や仏壇を引っ越ししたり処分したりするわけですがそのときには動かす前に故人の魂を入れたままではなく抜くという儀式が欠かせません。お坊さんしかできない供養の依頼方法についてご紹介します。


お坊さんの依頼方法について



供養の依頼をお寺に相談できないときはどうすれば良いのか

その時、供養を行いたいが菩提寺に依頼できない事情があって、僧侶をどのようにお願いすればいいのか分からない、といったような事があったりします。

お寺との付き合いも遠のき気軽に相談できないようなこともあるでしょうし、そもそも檀家離れが進み、お寺との関係が全くないといったご家庭多くなりました。お墓の改葬(引っ越し)や仏壇じまいは一生に何度もありませんから、初めてのことで何も知りませんというのが普通です。相談先が分からないことで不安だし調べるのも手間がかかって困っているというかたも多いと思います。


お寺で教を上げるお坊さん


お坊さんの手配の仕方

お坊さんを呼んで供養することを専門に扱っている紹介サイトがあります。各種の物式の行事(お葬儀、四十九日、お盆、年忌法要など)のときにお願いできます。

沢山のお坊さんが登録していて、供養の場所のエリアに登録している指定にの宗派の僧侶に依頼が自動でできる仕組みです。料金もお布施、お車代を込みで一律に表示されていることろが殆どですので、相場や交通費などに気を遣う必要がありません。


僧侶の後ろ姿


お墓や仏壇の閉眼供養が専門の業者

お墓や仏壇の閉眼供養の場合は、それぞれの改葬工事や引き取り処分といった作業がありますが、それらをセットに扱っている専門業者がいます。さらにお墓の閉眼供養のあとに仏壇の閉眼供養を行うようなことも可能で、お墓と仏壇のある場所が30分以内の場合は、別日に2度法要を行うよりも料金はお安くなります。お坊さんの対応も、繋がった先祖様を連続して供養することのほうがより理にかなっていて合理的だと思います。

昔は、檀家さん以外には法要をおこなわないのがお寺のルールだったのですが、今では檀家さんが減っていることもあって宗派もこだわらずに利便性と経済性で新規の関係でお坊さんとおつきあいができる世の中になりました。



仏壇処分は合同で供養を行う業者に安く依頼できる

仏壇の処分の供養は、個別に自宅で法要を行わずとも引き取ったあとに合同供養という形式で閉眼供養してくれる業者がいます。個別供養と合同供養とを選ぶことが可能ですので相談してみてください。


合同供養を行う僧侶 さくらサービス東京供養場


お墓じまい、仏壇処分、お坊さんの手配をすべて一括で受けられる業者はコチラ↓



お仏壇の処分と供養をまとめて行うことができるサービス



お墓じまいにも対応。改葬工事の見積依頼受付中。

供養のみといったお坊さんだけの派遣も可能。


閲覧数:6回0件のコメント