top of page

弔い上げを行わないでお位牌を片付ける方法について。

更新日:1月26日


通常故人のお位牌は弔い上げを経てご先祖様に統合されてますので、役割を終えたお位牌は片付けます。つまり廃棄処分されます。しかし近年では法事の継続が難しく、弔い上げが出来ないまま承継されたお位牌を手元になんとなく持っているという方も増えてきました。

本記事では弔い上げの基本的な知識についてと弔い上げが行われていない、あるいは行わないお位牌の処分の方法についてご紹介致します。


法事で僧侶を囲む家族

弔い上げと位牌の処分について〜弔い上げ・位牌の処分〜

弔い上げとは、年忌法要を最後に切り上げる最終回の行事のことです。年忌法要とは決められた節目の命日に行う特別な法要のことで、最初の年忌法要は命日の翌年に行う一周忌で、その後は2年目に三回忌、6年目に七回忌と、数十年にわたって続きます。目的は魂が極楽浄土へ向かうことができるように祈念し亡くなった方を偲ぶためです。このときに位牌の処分を行いますので弔い上げが位牌の処分の重要なタイミングになります。

 

弔い上げは何回忌までに開催すべきか

弔い上げは何回目までに行うと期限が決まっているわけではなく、この法事を最後にすると決めればその回の法事が“弔い上げ”となります。命日の32年目にあたる33回忌までというのが一般的な昔からの慣例です。

仏教では、三十三回忌や五十回忌を迎えれば魂は極楽浄土へ行くことが許されるという考え方で、なぜなら三十三回忌や五十回忌を迎える頃には魂が浄化されるからだとしています。この教えに則り、弔い上げも併せて執り行い、その後は、故人の魂は仏様となって、ご先祖様の霊と一緒になります。

但し現代の日本人の寿命は昔より長寿化しており、古い儀式のスタイルを継承するには親族の年齢の構成上難しい家族が増えてきています。たとえばおばあちゃんが80歳でなくなったとき、51歳の子供が法事を30年行うとするとおばあちゃんが亡くなった年齢を超えてしまうわけで身体的も何十年も法要を継続することは現実的ではありません。

 

法事を継続しにくい社会背景

近年の法要の開催状況は、高齢化社会を背景に開催する側も高齢化しているという状況に加えて、そもそも子供達は実家を離れて住んでいたり、親せきたちもバラバラに遠くに住んでいて法要で集まるのが難しかったりと昔と違って法要を決められた節目に継続して行うことができる家庭は少なくなっています。つまり三十三回忌や五十回忌まで継続しにくい社会背景や家庭の事情が増えた現代において、早めに法要を切り上げざるおえない状況になってきました。

 

弔い上げの時期は、早まっている傾向

弔い上げを開催するタイミングは所属する宗派や住んでいる場所、お墓のある寺によって違うと言われてきましたが、自分の生活環境に合わせて柔軟に適切なタイミングで執り行うようにするのが今の時代の流れになってきています。

具体的には早めに十七回忌を節目にして弔い上げを行うことも禁忌ではなりません。さらに十七回忌よりも早く行ったり、法事の節目ではないタイミングで弔い上げを行うことも最近では良くあります。

 

近年の弔い上げの流れ

弔い上げは他の年忌法要と違って特別な儀式が必要ですから、「開催を決めたらなるべく早めに準備するように」などとネット上などでは書かれていますが、お寺や慣習、シキタリなどに無理やり合わせずに、こちらの事情やペースで進めていく柔軟性も重要です。

昔はセレモニーホールを貸切ったり、弔い上げは寺院でないとできないという慣わしから、その予約や多人数の参加者に向けた案内や会食の準備が必要などという事情がありました。

最近では、法要の形式や流れは菩提寺と言われる担当のお寺の僧侶によって正しいスタイルに細かい違いはあるものの、そもそも菩提寺がないというかたも多くなり、菩提寺があっても遠いので連絡はするが法事の依頼ができないといったケースの方も少なくありません。

ですから簡易的な法要のケースですが菩提寺でない僧侶にお願いして、お寺で行うのではなく家に僧侶に来ていただき、仏壇の前で弔い上げの読教をして頂くような法要も最近では多くなり、それが特別ではなくなってきています。

昔の法事はお寺で読教を聞いたあとにみんなで移動してお墓参りをして、その後大広間に移って盛大に会食をするような流れが一般的でした。亡くなった方の魂が極楽浄土へ向かったことをお祝いする行事ということで会食も精進料理ではなく魚や肉などを使った豪勢なごちそうを並べてお祝いしましょうという慣わしで、費用も何十万円もかけることもありました。

しかし近年開催される法事は、コロナ以降特にそうですが、特に都会ではこじんまりしたスタイルが主流となってきています。

 

位牌の片付けについて(処分の方法について)

弔い上げの際に行うこととして、戒名が書かれた位牌から先祖代々の位牌に魂を移します。亡くなった方の魂は先に仏様となっているご先祖様と一緒になり一緒に子孫を守る存在となります。そして魂が抜かれた今までの位牌は役割を終えて処分されます。

通常はお寺で燃やしてもらうお焚き上げ供養という方法で片付けられてきました。


という訳で、弔い上げのタイミングで処分すべきお位牌が、片付けるタイミングを逸して手元に残っているケースが多くなってしまっています。つまり位牌の処分に困っているという承継者が増えているということです。

処分のために法事を行うということもそもそもできませんし、正しい選択の情報が少ないのが現状です。そこで次のような位牌の処分の方法を紹介します。

 

位牌の処分方法。寺院以外に依頼する先は?

位牌の魂抜きは、お墓があるお寺(菩提寺)やお付き合いのあるお寺にお願いするのが一番お勧めなのです。それは長年のお付き合いとかお寺との信頼関係を前提にしたときのお話です。そもそも菩提寺がない、遠い、疎遠になった、相談に乗ってくれない、などというケースの場合にはどこに依頼すれば良いのでしょうか。又、弔い上げが終わっているかどうかも不明なお位牌も同様です。お寺に相談できない場合は、仏具店や葬儀社でも位牌の処分の相談はできますが、先に魂抜きをするように言われる場合が殆どです。

お寺(菩提寺)が無く魂抜きやお焚き上げを依頼できない、あるいは供養がされているかどうかも不明なお位牌を持っている・・・など、きっちり供養して処分する先を探している、という方にお薦めなのが弔い上げと魂抜きの儀式を合同で行って適切に処分してくれる業者です。

供養と処分をお寺と提携して正しく行うことで、菩提寺がなくて供養先を探せなかったご家族のお位牌を、供養から処分まで一括して請け負ってくれるので安心です。


 

料金について

お寺で魂抜きを依頼するとお布施が必要となり相場は1柱5,000円から30,000円と言ったところでしょうか。お寺や僧侶の位や、考え方によってかなり幅があります。

供養と処分を請け負う業者の場合も、引取り方法(出張や郵送等)や供養と処分の方法がいろいろあって、料金も1柱3,000円から15,000円まで幅がありますので、内容をよく確認して依頼されることをお勧めします。

 

まとめ

  • 弔い上げとは、年忌法要を最後に切り上げる最終回の行事のこと。

  • 弔い上げは早めに切り上げることができ、そのタイミングで位牌の片付けが可能。

  • 弔い上げ後は故人の魂はご先祖様に統合されるので位牌は処分される。

  • 位牌の片付けは通常お焚き上げ(焼却して供養)するのが一般的。

  • 位牌の処分のために早めに弔い上げを行ってお焚き上げして片付けることもできる。

  • 菩提寺に弔い上げを依頼しない場合や由緒不明なお位牌などの処分も請け負える業者がいる。⇒つまり「位牌を正しく片付けてくれる業者」

  • 結論「弔い上げを行わないで位牌が片付けられる業者」のご紹介↓↓↓






●位牌を郵送で受け取り、弔い上げ供養、魂抜き供養を行いお焚き上げしてくれる専門業者【さくらサービス東京】

●全国から集めた供養品を、正しい作法で由緒正しい寺院の僧侶が閉眼供養してくれます。



位牌の供養専門店 さくらサービス東京

さくらサービスの供養場 毎月100点以上の供養品が集まります。


供養の様子

さくらサービスの供養場

~さくらサービス東京~

東京都大田区中央1-5-4

フリーコール 0120-695-645



東京近郊の場合は「仏壇の引取り」供養処分も行っています↓


https://www.sakura-kuyou.com/


さくらサービス東京 仏壇と位牌の処分






 




鎮座する仏様




閲覧数:53回0件のコメント

Comments


bottom of page