仏壇じまいの閉眼供養(魂抜き)を自宅で行う方法やお坊さんの依頼の仕方について解説します



目次

お仏壇の閉眼供養とは何か

仏壇じまいで僧侶をお呼びする方法とお布施のこと

まずは菩提寺に相談。しかし依頼先は沢山ある

お墓じまいの話

自宅での個別供養は専門業者に相談



 

仏壇の閉眼供養の様子
仏壇の閉眼供養の様子

お仏壇の閉眼供養とは何か

閉眼供養とは、仏壇やお墓を処分したり改葬したりする供養じまいの際に、仏壇やお墓に宿る魂を抜く法要のことで、魂抜きやお性根抜き(おしょうねぬき)とも言います。

お墓や仏壇を処分することなど一生に一度あるかないかですから、仏壇の供養やお墓の供養のためにお坊さんに来てもらう供養のことや、依頼の仕方、お布施の相場についても知られていないのも当然です。特に最近はお寺との関係が疎遠になっているケースも多く、全体としても法事の回数が減ってきているようです。

そんな状況ですからお仏壇の処分の際に読教による供養が必要だとしても、遠く離れて関係も薄くなってきている菩提寺よりも、身近に頼れる僧侶がいれば頼って相談したり、あるいは手軽に供養をお願いすることが普通になってきています。



 

仏壇の閉眼供養の様子

仏壇じまいで僧侶をお呼びする方法とお布施のこと

仏壇じまいとは供養と施して仏壇から魂を抜くことで解体などの処分できる状態にして廃棄する一連の流れを言います。

問題は供養と廃棄をそれぞれどのように行うかです。

供養は僧侶にしかお願いできませんので、この記事では自宅に僧侶を招いて供養を執り行う場合を想定してその方法を解説します。

菩提寺からお坊さんに来てもらわなくとも、今はお坊さんを派遣してくれる便利な仲介サービスがあります。そしてお布施の金額も常識的な価格設定で余計な気を使うことなく決まった定額料金だけを支払って供養を行うことができます。

通常は法要などで用意するお金はお布施(読教への謝礼)、お車代(交通費、足代)、お膳料(宴席の食事代)といった内容ですが、本来のお布施の意味とはお坊さんの労働に対する報酬ではなく、お寺のご本尊に捧げるものであり、檀家として寺院の活動を維持してもらうための寄付のようなものです。それを感謝の気持ちという名目でお渡しているのです。

ですからお寺への金額を気にして面倒だと感じたりお坊さんの来訪を躊躇するのは見当違いであり、ましてや檀家でもないならなおさらです。


 

さくらサービスのお見積り

まずは菩提寺に相談。しかし依頼先は沢山ある

気軽に僧侶を仲介してもらって、事前のお見積りの料金だけを支払って合理的に仏壇の処分を進めることが檀家制度に縛られない現代の自然な流れです。仲介されるお坊さんも感謝のしるしで常識的な金額を余計な気使いなく納めてもらうことに関しては快く思っていただけるていると思います。

よって仏壇の閉眼供養は、処分とセットで僧侶を派遣仲介して供養までセットしてくれる業者を利用することで、お布施をいくら包めば良いのか分からないといった不安をもつことなくむしろ安価に仏壇の処分を一括して進めることができます。

もし菩提寺があって仏壇の供養に関してお付き合いの深いお坊さんへの関係を気にされているならば、業者に見積金額を出してもらって、その金額感でお寺に相談されることをお勧めします。まずはお布施はどれくらい出されていますか?と相場を引き出し、依頼先の専門業者はいくらいくらでやってくれるのだがそれくらいで納めてもらえないか、と正直に頼んでみるのも良いと思います。菩提寺がリーズナブルに供養を行ってくれることは今後の関係上一番良い方法だと思います。お墓が存在しているのならなおさらです。



 

菩提寺に相談



お墓じまいの話

お墓じまいを行う場合は檀家を抜けるという話になるわけですが、この場合にも離檀料というお金の問題になります。相場感も最近は修練されてきてお墓の閉眼供養とセットで20~30万円くらいのようです。離檀料はそもそも支払いを決められた規定の料金でないことが多くその場合支払い義務は有りません。長いお付き合いをしてきたわけですからお互いが納得できる範囲で決着をつけるのが現実的なところです。檀家関係を強制されてお坊さんに300万円のお布施を請求されているなんて話も実際にありますが、今の時代にあった常識的な判断で対処してください。そのためにお墓の処分の専門業者が相談に乗ってくれます。

僧侶だけの派遣の場合は全て込みで3~4万円くらいで閉眼供養が可能です。お仏壇の処分を含めてもお仏壇の大きさに寄りますがプラス2~3万円です。


 


お墓の前で閉眼供養する僧侶


 


自宅での個別供養は専門業者に相談

自宅で個別に法要を行い仏壇を処分したり、お墓の引っ越しや改葬を行う際には専門の業者にまずは相談してみることをお勧めします。お仏壇の場合は引き取ってから合同で供養することで供養の価格を引き下げて処分までのパッケージ料金を非常にお安く提供している業者も存在します。同時に位牌、遺影、仏像などのお焚き上げも行っていたりしますので是非お問い合わせください。



供養から処分まで一括のサービスで仏壇を引き取ってくれる業者はココ



お墓じまいの相談先の業者はココ



さくらサービス東京

お墓じまいと仏壇仕舞いのバナー

 

閲覧数:6回0件のコメント