top of page

仏壇の買取り事情と売るコツと方法を解説

仏壇の買い取りを考えている方にとって、一体どれくらいの値がつくのか、どのようにすれば高く売れるのかは大きな関心事です。本記事では、仏壇の買取価格相場を徹底解説し、その価格を決める要因から新品と中古の価格差、ブランドやメーカーの影響について詳述します。また、どこで売るのが最も有利かについても解説し、買取業者の選び方、オンラインマーケットプレイスの活用法、地元のリサイクルショップの利用といった多様な選択肢を紹介します。この情報を活用することで、仏壇を売るための道筋を明確にすることができます。売れる仏壇をお持ちで売却を考えているすべての方にとって、役立つ知識と実践的な方法を提供しますのでご覧ください。




仏壇の買取価格相場とは


仏壇は日本の伝統的な宗教用具で、家庭内での供養や祈りの場として広く使用されています。しかし、時と共に買い替えやライフスタイルの変化により古い仏壇を手放す必要が出てくることもあります。その際、仏壇の買取価格は気になる重要な要因となります。本記事では、仏壇の買取価格相場について詳しく解説し、価格を決める要因、新品と中古の価格差、さらにはブランドやメーカーの影響も取り上げていきます。


仏壇の価格を決める要因


仏壇の買取価格を決定する要因は多岐にわたります。まず第一に、仏壇の材質と作りです。高品質な木材や金箔などの高級素材で作られた仏壇は、買い取ってくれる可能性があります。彫刻や漆塗りの技術、工芸品としての価値が評価の対象です。次に、仏壇の状態が重要です。最低限のクリーニングやメンテナンスが行なわれていて、傷や破損が少ない仏壇は評価されます。重要なことはその仏壇に対して誰が何の価値を見出すか、という点ですがおおまかにいうと2パターンあります。一つは海外の人が工芸品の価値を持つ家具として興味を持つパターン。もう一つは国内、海外問わず、骨董品に興味がある人が求めている価値です。つまり仏壇の作られた背景や年代です。古いものほど骨董品としての価値に影響を与えます。高級木材にはそのものに価値があり、黒檀紫檀というような高級木材を使った仏壇には価値がありそうですが、残念ながら実際にはそれほど再販価格の査定評価に影響しないようです。




中古品の買取り状況


一般的には比較的新しい仏壇を中古品として買い求める人はごくわずかであり、そのため中古品の再販需要が低いため製造から30年以内の普通の仏壇であれば買取価格が付くことは難しいです。特に大型のものは移動にコストがかかるため市場価値としては品質価値を相殺してしまい売買価格が合わなくなる傾向で買取価格が付いて引取りされるのは稀です。逆に骨董品としての価値や金箔などが貼られた高価なものはは、そこそこの価格がつくこともあります。新品の仏壇は非常に高価です。仏壇の販売価格は、大きさ、その材料、専門的な工芸技術に裏付けられた価値に影響されます。よって新品は高価格で取引されるものもありますが、それが中古品になっても価値が継続するかと言えばびっくりするくらい価値が無くなってしまいます。金箔を使用した豪華な金仏壇の場合は中古でもそこそこ高い価値を持つケースがありますが、普通の木製仏壇だと買取価格が低く抑えられるか、全く付かない傾向にあります。販売先と仏壇の個体によって様々ですが、一般的な仏壇だと、大きさが手ごろで装飾がよく金箔が使われていても数百円から5,000円程度が相場観です。


例外的な仏壇について


最後に、例外的な工芸品を超えた美術品とも言える価値を持つ仏壇についても触れておきます。仏壇にも著名な品牌が存在し、伝統的な技法や高品質な素材を使用して名工と呼ばれる専門技術者によって独自の加工技術を施した仏壇のブランド品は高価格で取引されることがあります。それらの仏壇は、その背景と品質から中古市場でも需要があり、価値が維持されていることがあります。そのような仏壇の高級品となれば販売価格1億円クラスも珍しくなく、金箔総張りの細かい伝統工芸、高級素材で数千万円の販売価格は普通です。そのクラスになると再販の基準がまた異なりますので、そのような特別なお仏壇をお持ちの方はまず専門の査定士か超高級仏壇の製造元に相談することをお勧めします。


どこで売るべきか


仏壇を手放す際には、どこで売るべきかが重要なポイントになります。それぞれの売却方法には独自の利点と注意点があるため、最適な選択をするためには各選択肢の特性を理解しておくことが大切です。以下では、買取業者の選び方、オンラインマーケットプレイスの利用、そして地元のリサイクルショップの活用について詳細に解説します。


買取業者の選び方


専門の買取業者は、仏壇の価値を適切に評価してくれます。価値があれば買い取ってくれる可能性が高いです。しかし、通常の買取業者だとほとんどの場合は期待した価格で売却できません。したがって、信頼性と実績を確認することが重要です。インターネットで仏壇の買取実績が豊富な業者を選ぶしか有りません。重要なことは買取価格と引取り価格が別設定の場合には、結局支払いが生じるので、結論いくらになるのかを確認することをお願いします。

査定額や対応の丁寧さ、査定のプロセスなどを総合的に判断して選ぶことが大切ですが、結果大損するようなことが無いように、買取り価格に騙されて高額な引取り価格を請求されないようにご注意ください。


オンラインマーケットプレイスの利用


中古でも綺麗な仏壇を探しているという人は皆無ではありません。そのため個人売買で譲る感覚の取引が成立することはあります。オンラインマーケットプレイスは、自分自身で仏壇を売る手段として非常に便利です。代表的なサイトには、ヤフオクやメルカリなどがあります。これらのプラットフォームでは、自分で価格を設定できるため、納得のいく価格での売却が可能です。しかしながら、出品には手間がかかり、適切な写真撮影や詳細な説明が求められます。また、購入者からの問い合わせにも対応しなければならないため、時間と労力を要します。発送方法や送料についても事前に確認しておく必要があります。


地元のリサイクルショップの活用


地元のリサイクルショップも仏壇を売却する選択肢の一つです。しかし、仏壇はリサイクルされにくい商品であるため、通常のリサイクルショップでは引き取ってもらえないことが多いです。とはいえ、金仏壇の場合や、小型で古く彫刻が繊細な骨董品のような仏壇であれば骨董品も扱うショップで買い取ってもらえる可能性があります。地元のリサイクルショップに事前に問い合わせ、仏壇の取り扱い可否を確認することが欠かせません。引取り料金との相殺で持ち出しが発生する場合があるので、その点も注意しておく必要があります。タダでも良いから早く処分したい場合に、もし引取りが無料になるとすればそのショップの利用は正しい判断かも知れません。

但し正しく査定すればそれなりに価値があるような美術品や工芸品的な仏壇は、リサイクルショップでは査定できませんのでまずは複数の業者に当たってみることをお勧めします。




 

買取は行っていませんが、引取りの専門業者はコチラ↓


東京の仏壇引取り 供養の専門業者 さくらサービス東京

お問い合わせ☎ フリーコール 0120695645

さくらサービス東京のご案内

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page