繰り出し位牌(回出位牌)とは/処分の際の扱い方と注意点

更新日:6月17日

繰り出し位牌(回出位牌)とは、位牌がいくつも増えたとき戒名を記載した札板を代わりに入れることで複数の位牌を一つにまとめることができる機能をもった本位牌の一種です。

繰り出し位牌を使用すると、窮屈だった仏壇の中をすっきりさせることができますが、その選び方や古い位牌をどうするかなどにはいくつかの注意が必要です。今回は繰り出し位牌の取り扱い方についての解説します。



本位牌の種類について

本位牌は主に「札位牌(板位牌)」と「繰り出し位牌(回出位牌)」の2種類があり、札位牌とはお位牌に故人一名分の戒名(法名・法号)が刻まれたもので、「繰り出し位牌(回出位牌)」は戒名が書かれた札板が複数枚その中に納められるようになっています。

ご先祖様のお位牌が増えた際に、複数の札位牌(板位牌)から一基の「繰り出し位牌(回出位牌)」にまとめることができます。


札位牌を繰り出し位牌に纏めることができます
札位牌を繰り出し位牌に纏めることができます


繰り出し位牌の仕組みと選び方

板札に書かれたご命日の順に重ねて格納しておいて、法要のときに扉を開けると故人の板札が見えるようにしておき、ご命日が済むと後方にまわして常に次のご命日を迎える故人の板札が表側にくるようにしておきます。

大きさは一般的には小さなものが多く、お位牌と比べてもスペースを取らないようにできていますが、大きな立派なものもありますので仏壇の大きさに合わせて選ぶようにしましょう。その他注意点は後述します。


繰り出し位牌と板位牌


繰り出し位牌にまとめるタイミングについて

弔い上げに合わせることが多く、通常は三十三回忌や五十回忌などのタイミングになります。弔い上げとは故人の最後の法要であり、以降は法事法要を行いません。

お位牌が多くなりお仏壇が窮屈になっている場合は弔い上げを待たずにすぐにまとめても問題ありません。





繰り出し位牌の使い方

繰り出し位牌は、通常は十枚程度の札板が入るようになっていて、購入後、黒塗りの繰出し位牌であれば、黒塗り札に「〇〇家先祖代々之霊位」と金の彫り文字を入れます。そして二枚目からご先祖様の戒名を一枚ずつ墨で記載します。これらの戒名の文字入れは、仏壇仏具店やお寺に依頼するのが一般的です。

板札の順番は「〇〇家先祖代々之霊位」の札を一番前にして、命日またはご先祖様の順に入れ、故人の命日や月命日に、その札を一番前にして供養します。


繰り出し位牌の仕組み



繰り出し位牌を購入する際の注意点

一般的に繰り出し位牌は、屋根や扉が付いているものと、屋根や扉がないものがあります。屋根の付いたものはややサイズが大きく重厚感があります。一方、屋根のないものはコンパクトで小型のモダンなお仏壇によく合います。

繰り出し位牌は、御本尊よりも高さがあるものは購入しないように注意します。又通常のお位牌より奥行きがあるため、中につっかえたり仏壇の扉が閉まらなくなってしまったりしないように購入前に御本尊の高さとお位牌を置く場所の奥行きなどをよく確認してから購入することをお薦めします。




繰り出し位牌に移したあと、古いお位牌はお焚き上げします。

繰り出し位牌に替えた後も札位牌(板位牌)を一緒に仏壇の中に入れているところをよく見かけます。繰り出し位牌に替えたらまとめた位牌は処分していいことになっています。

僧侶に読経をしていただき「お焚き上げ」という供養で焼却処分する形になります。お寺ではお布施が必要ですが、最近はお焚き上げ専門の業者もありますので比較的安価に供養処分することができます。




まとめ

先祖代々のお位牌は数が増えたタイミングで「繰り出し位牌」に変えます。仏具店やお寺に相談して三十三回忌や五十回忌のタイミングでご検討下さい。古い位牌は魂を抜いてお焚き上げ供養をして処分するのが一般的です。処分のみを扱うお焚き上げ専門の業者もいますので是非料金を聞いてみてください。





 

仏壇だけでなく、位牌1柱から供養処分を賜わります。



 




閲覧数:4回0件のコメント